TOMOYA KATO

Diary

2018-07-12

『アマデウス モーツァルト』才能とデタラメ

『アマデウス モーツァルト』

才能とデタラメ

2018-07-10

1度 シンプルな門をくぐると また違った 世界を 意識している生活がある。選択の毎日。でも 自意識は 半分くらいよ。
1度 シンプルな門をくぐると また違った 世界を 意識している生活がある。

選択の毎日。

でも 自意識は 半分くらいよ。

2018-07-09

昨日の夜の湿気は 凄かったし、来客のインパクトも凄かった。猫と暮らしていたら そりゃ 猫の来客は 来るわな。
昨日の夜の湿気は 凄かったし、来客のインパクトも凄かった。

猫と暮らしていたら そりゃ 猫の来客は 来るわな。

日記帳への抽象。久しぶりに プラントラボ。美味しさに 気持ち落ち着く。
日記帳への抽象。

久しぶりに プラントラボ。

美味しさに 気持ち落ち着く。

雨の中。雨の中。雨の馬鹿。
雨の中。

雨の中。

雨の馬鹿。

2018-07-08

『蒼の惑星。犬の惑星』惑星をわける。惑星達を 一つにみる。
『蒼の惑星。犬の惑星』

惑星をわける。

惑星達を 一つにみる。

2018-07-07

夢をもつ人。文化をもつ人。
夢をもつ人。

文化をもつ人。

雨ばかりで 水がたまる。水と共存。睡眠は不足。
雨ばかりで 水がたまる。

水と共存。

睡眠は不足。

2018-07-05

『家の近くに パンサー1匹と植物2ふさ』

『家の近くに パンサー1匹と植物2ふさ』

『手が伸びて 芽にふりかける』描きたかったのは 長い手。

『手が伸びて 芽にふりかける』

描きたかったのは 長い手。

言葉の星々。
言葉の星々。

2018-07-04

『黒の間』黒は 落ち着く。
『黒の間』

黒は 落ち着く。

『細胞へのアプローチ』
『細胞へのアプローチ』

『野獣の入り口』
『野獣の入り口』

『松明持って ダイヤのラビリンス』よくわからない 自分へ。
『松明持って ダイヤのラビリンス』

よくわからない 自分へ。

『バイオリン弾き』あの時の 思い出。
『バイオリン弾き』

あの時の 思い出。

2018-07-03

『girl girl』大人になっていくと、活動しているから 「絵を描いている」という 錯覚がおこる。 錯覚は もっと 「手から生まれる所」に 根をつけたい。
『girl girl』

大人になっていくと、活動しているから 「絵を描いている」という 錯覚がおこる。

錯覚は もっと 「手から生まれる所」に 根をつけたい。

冬の枯れた木のシンプルさ。でも 別に 木を描きたいわけじゃない。 みる  と  描く  の リアリティーの違いかな。
冬の枯れた木のシンプルさ。

でも 別に 木を描きたいわけじゃない。

みる と 描く の リアリティーの違い。

2018-07-02

『よりそい2匹』雨が よくふる。
『よりそい2匹』

雨が よくふる。

2018-07-01

Münchenから 日本に帰ってきて また 自分の基本となる 日常を 送れる様に 身体が なってきた。 でも 密度と緊張の高かった向こうでの 制作のリズムからか、濃厚な搬入生活を終えてからか、絵を描いていても 制作に集中できるピントが なかなか 合ってこなかった。こういう期間は とても大切で、まさに 「選択」という言葉が ピッタリとくる。よくわからない 「溜まったもの(エゴ)」と「今 ひっかかるもの(創造)」を 出しつつ、 日本から Münchenの展覧会場へ エネルギーを 送り続けている。その行為は 僕の魂である。
Münchenから 日本に帰ってきて また 自分の基本となる 日常を 送れる様に 身体が なってきた。

でも 密度と緊張の高かった向こうでの 制作のリズムからか、濃厚な搬入生活を終えてからか、絵を描いていても 制作に集中できるピントが なかなか 合ってこなかった。

こういう期間は とても大切で、まさに 「選択」という言葉が ピッタリとくる。

よくわからない 「溜まったもの(エゴ)」と「今 ひっかかるもの(創造)」を 出しつつ、 日本から Münchenの展覧会場へ エネルギーを 送り続けている。

その行為は 僕の魂である。

Copyright © 2020 Tomoya Kato.