TOMOYA KATO

Diary

2018-04-01

【お知らせ】個展「小さな惑星」展。今回の展示にて 売約、ご購入 いただいた 作品は 只今 包装中でございます。もうしばし お待ち下さいませ。
【お知らせ】

 

個展「小さな惑星」展。

今回の展示にて 売約、ご購入 いただいた 作品は 只今 包装中でございます。

もうしばし お待ち下さいませ。

結果。「時間」で 結果的になるのか。 「リズム」で 結果的になるのかで、真実が 変わる。 「数字」の受け取り方も 変わる。 僕が受けてきた義務教育は どちらかというと、 「時間」が  強め。

「時間」で 結果的になるのか。

「リズム」で 結果的になるのかで、真実が 変わる。

「数字」の受け取り方も 変わる。

 

2018-03-30

搬出は 1つの空間の 「死」。そして 桜が 満開だった。そして 猫が 脱走もした。 すぐ 戻ってきたけど。
搬出は 1つの空間の 「死」。そして 桜が 満開だった。そして 猫が 脱走もした。 すぐ 戻ってきたけど。

 

ちせ、光兎舎、ホホホ座の3ヶ所にて 開催した 個展 「小さな惑星」展が 終了しました。お越し下さった皆様、気にかけて下さった皆様、 誠にありがとうございました。今回 三ヶ所で展示をする計画は 最初 ちせ での展覧会の話が 決まった時だったかと 思います。壁に絵を飾る様に 土地に三ヶ所 自分のつくった空間が できたら(飾れたら) どうなるのだろう? と  ワクワクしながら 日記帳に描いてみた事を 覚えてます。 イメージとしては ちょうど オリオン座の三ッ星でした。星座のもつ 星と星との 完璧な距離感と、自分のもつ 個や他との 不安定な距離感。そのギャップや共鳴感は 生き物みたいで 自分の意識している範囲だけでは 気が付かない視点が みえたり。起こったり。決して 飼いならすコトは できません。そんな エネルギーな揺らぎは 展覧会の 醍醐味で、うまく言葉にしきれないものを 絵に 託します。今回の 発想に 御協力して下さった ちせの 皆さん、光兎舎の皆さん、ホホホ座の皆さん、そして 音楽をつくって下さった お三方、 色々 御協力して下さった皆々さま、たくさんありがとうございました◎次は 少し遠いけど ドイツでの展覧会となります。
ちせ、光兎舎、ホホホ座の3ヶ所にて 開催した 個展 「小さな惑星」展が 終了しました。

お越し下さった皆様、気にかけて下さった皆様、 誠にありがとうございました。

今回 三ヶ所で展示をする計画は 最初 ちせ での展覧会の話が 決まった時だったかと 思います。

壁に絵を飾る様に 土地に三ヶ所 自分のつくった空間が できたら(飾れたら) どうなるのだろう? と ワクワクしながら 日記帳に描いてみた事を 覚えてます。 イメージとしては ちょうど オリオン座の三ッ星でした。

星座のもつ 星と星との 完璧な距離感と、自分のもつ 個や他との 不安定な距離感。

そのギャップや共鳴感は 生き物みたいで 自分の意識している範囲だけでは 気が付かない視点が みえたり。起こったり。決して 飼いならすコトは できません。

そんな エネルギーな揺らぎは 展覧会の 醍醐味で、うまく言葉にしきれないものを 絵に 託します。

今回の 発想に 御協力して下さった ちせの 皆さん、光兎舎の皆さん、ホホホ座の皆さん、そして 音楽をつくって下さった お三方、 色々 御協力して下さった皆々さま、たくさんありがとうございました◎

次は 少し遠いけど ドイツでの展覧会となります。

2018-03-29

今日は 二階で兎龍が 暴れている予感。「暴れ」には 合気道が 大切。
今日は 兎龍が 暴れている予感。

「暴れ」には 合気道が 大切。

2018-03-27

搬入の嵐の後の 搬出の嵐。僕は 出がらし。
搬入の嵐の後の 搬出の嵐。僕は 出がらし。

『小さな惑星 × ホホホ座』 搬出。ホホホの文化 と 僕の文化。 本が並び、絵が並ぶ。 渦に渦。人と情報。
『小さな惑星 × ホホホ座』 搬出。

ホホホの文化 と 僕の文化。 本が並び、絵が並ぶ。

渦に渦。

人と情報。

2018-03-26

余裕のない疑念は ただ 他人に対して 厳しくなっていく一方。その先に 正論や正義がある。「怒り」に のまれた意思。一方通行ばかりの道。 行って 帰ってこれなくなると  休むことすら 罪悪感に 感じるだろう。
余裕のない疑念は ただ 他人に対して 厳しくなっていく一方。

その先に 正論や正義がある。

「怒り」に のまれた意思。

一方通行ばかりの道。

行って 帰ってこれなくなると 休むことすら 罪悪感に 感じるだろう。

2018-03-25

『葉っぱの上の 考える人』考え事は 予想以上に 土地の影響を受けている。時々、「自分の考え方ばかりの人」に なっている人と 話す機会がある。 そういう人は たいがい 自分の土地も相手の土地も みえなくなってしまっている。 そうなって しまう事は 感情的になると 誰にでもありえる事で 少し冷静になるだけで 我にかえる。無くそうとするのではなく  受け入れて、許していく。 「許せる」ことで みえてくる事。
『葉っぱの上の 考える人』

考え事は 予想以上に 土地の影響を受けている。

時々、「自分の考え方ばかりの人」に なっている人と 話す機会がある。

そういう人は たいがい 自分の土地も相手の土地も みえなくなってしまっている。

そうなって しまう事は 感情的になると 誰にでもありえる事で 少し冷静になるだけで 我にかえる。無くそうとするのではなく 受け入れて、許していく。

「許せる」ことで みえてくる事。

2018-03-23

日記帳より、試合前のウォーミングアップは とても大切だった事を 思い出した。続けると 知っていく。知っていくと 細かな枠が できてしまい、デリケートなゾーンに とらわれる。 無視するか 認めてみるか。 人間のもつ 感情の波は 様々な面を 感じさせてくれる。 テニスコート望遠。
日記帳より、試合前のウォーミングアップは とても大切だった事を 思い出した。

続けると 知っていく。

知っていくと 細かな枠が できてしまい、デリケートなゾーンに とらわれる。

無視するか 認めてみるか。

人間のもつ 感情の波は 様々な面を 感じさせてくれる。

テニスコート望遠。

2018-03-21

『ちせ × 小さな惑星』ちせ は なんだか ガラスが似合う。 ガラス棚の1番上には 何も置かなくて正解だった。もし置いていたら 危うさ が 空間に 出たかもしれない。 でも もしかしたら 緊張感を 出す為に 1つ置いてみても 良かったかもしれない。空間と家具は  配置の情報を 複雑化させる。
『ちせ × 小さな惑星』

ちせ は なんだか ガラスが似合う。

ガラス棚の1番上には 何も置かなくて正解だった。

もし置いていたら 危うさ が 空間に 出たかもしれない。

でも もしかしたら 緊張感を 出す為に 1つ置いてみても 良かったかもしれない。

空間と家具は 配置の情報を 複雑化させる。

2018-03-20

ちせの 搬出。搬出していると お茶が 届くという ちせ の 優しき。
ちせの 搬出。

搬出していると お茶が 届くという ちせ の 優しき。

『ちせ × 小さな惑星』夜空の星と星の間合いの正確さと 人の感じとる 感情の間合いの不安定さ。個と全。人と鬼。心と闇。光を照らして 座標を知る。
『ちせ × 小さな惑星』

夜空の星と星の間合いの正確さと 人の感じとる 感情の間合いの不安定さ。

個と全。

人と鬼。

心と闇。

光を照らして 座標を知る。

2018-03-19

「ちせ × 小さな惑星」ちせの窓。絵は窓。窓は 風を 通すもの。
「ちせ × 小さな惑星」

ちせの窓。

絵は窓。窓は 風を 通すもの。

外の風景を知り、内側の風景をみる。

『Anubis dog』小さな惑星ちせの展示が 終了。まずは ちせ から 搬出。展示空間の「死」。そして 脱皮の「生」。
『Anubis dog』

小さな惑星ちせの展示が 終了。

まずは ちせ から 搬出。

展示空間の「死」。

そして 脱皮の「生」。

2018-03-17

最近の朝は 1枚絵を描くよりも  日記帳を描く事が 続く。絵を描いた後の個展の在廊は 、色々と複雑だ。だからか 最近の 日記帳には  思うままに ベタベタと絵の具をおいていく傾向がある。誰の為でもなく、100パーセントな 自分ができる。
最近の朝は 1枚絵を描くよりも 日記帳を描く事が 続く。

絵を描いた後の個展の在廊は 、色々と複雑だ。だからか 最近の 日記帳には 思うままに ベタベタと絵の具をおいていく傾向がある。

誰の為でもなく、100パーセントな 自分ができる。

2018-03-14

つのうし
つのがのびる。

単純に 忙しい・・・。

2018-03-12

ちせ ワールド。「小さな惑星」展。ちせは 水曜日、木曜日は お休みで 11時〜18時時までです。
ちせ ワールド。

「小さな惑星」展。

ちせは 水曜日、木曜日は お休みで 11時〜18時時までです。

最終日は18日。

的に対して たっぷりとしたモノが 広い視点の めざめやすさ。続けていく事で ほぐれていく視界。特性に 気付く 受け取る 準備。2B。
的に対して たっぷりとしたモノが 広い視点の めざめやすさ。

続けていく事で ほぐれていく視界。

特性に 気付く 受け取る 準備。

2B。

2018-03-11

絵をつかって 自分の意識が届かない 暗号を 受け取る。それは とても 内的精神世界のやりとりで疑心暗鬼に振り回されない為の 軸になってる気がする。 でも 表現されモノは よくも わるくも 先ずは有意識なモノで、 そこに対して いくら意見を言われたとしても 他の意見として 受けとっている。もちろんそのやりとりは  決して悪いモノではない。当たり前で 個なだけ。それも 軸の糧になる。よろしくないのは、他人に自分の個を 殉じてしまう事。それは 疑心暗鬼の種で 崇拝→依存→支配→嫉妬の流れを生みだす。
絵をつかって 自分の意識が届かない 暗号を 受け取る。

それは とても 内的精神世界のやりとりで疑心暗鬼に振り回されない為の 軸になってる気がする。 でも 表現されモノは よくも わるくも 先ずは有意識なモノで、 そこに対して いくら意見を言われたとしても 他の意見として 受けとっている。

もちろんそのやりとりは 決して悪いモノではない。

当たり前で 個なだけ。それも 軸の糧になる。

よろしくないのは、

他人に自分の個を 殉じてしまう事。それは 疑心暗鬼の種で

崇拝→依存→支配→嫉妬

の流れを生みだす。

Copyright © 2020 Tomoya Kato.