TOMOYA KATO

Diary

2022-10-29

最近 外国人のお客様さんが 多いぞな。

2022-10-27

『庭の一角』
対話というより 
パフォーマンスに近い 言葉と行動。
気持ちのズレから生まれるものだろうか。
一度安定した様な絵を 描きなおす。
最近 そんな仕事が多いかもしれない。

2022-10-26

自律神経習慣。
黒い雹。
薔薇の花。

2022-10-23

《展覧会の延期のお知らせ》
2023年1月に南青山のS.T.C.A.Tさんでの展覧会なのですが
一身上の都合により、
延期させて頂く事になりました。
楽しみにして下さっていた皆様、
大変申し訳ございません。
また目処がつきましたら 
告知させて頂きます。
どうぞよろしくお願い致します◎

2022-10-22

「軽さ」と向き合う 
また今日この頃。

2022-10-21

『肩猫』
最近 猫が肩にのる。
ワタシは白い服をきる。
そうすと 背景は 猫の毛色に染まる。

2022-10-19

『補給と大窓』
自律神経が弱っている。
調整せねば。
自分の中の闇みたいなのが
 出ることを
「駄目なこと」
ととらえるオートマチックな考え。
それに対して
闇も愛でることをする、オートマチックな考え。
常に光とか、常に闇とか、
不安や希望に縋り付く前の
「行動」の中の実。

2022-10-18

『眠る花#2』
この間 久しぶりにツダさんと
夕飯を食べた。
お店の鉄火巻きは美味しかったけど
豚キムチは不味かった。
見過ごしてしまいそうな
あべこべの世界。

2022-10-17

モノには 周りのモノも 一緒に存在しているのが具現なんだけど 
「見なくなる状態」
というのが 人間の本能の一部だと 
改めて体感する出来事が
よく頭にのこる。

2022-10-16

アミが エジプト柄のコップをひっくり返し、

気が付けば パレットにたんまりと。
そこから 描ける世界。
ちゃーちゃーちゃー。

2022-10-14

『眠る花』
描いてみたら「虚」に気付くことの
緊張感と恵み。
「リアリティーの虚」みたいな感触なのか。
続けていくと 培っていくジレンマ。
猫を眠らせた後に咲いた
花の様な「抽」。
△▽ △▽ △▽ △▽ △▽ △▽

午前中にアトリエに行けない小用も
描く術。
ガスの点検。

2022-10-11

テニスコーツ チャンネルの
スピリット フェスト ツァーを みながら
朝。
ぼりぼり〜。
フランスのライブハウス
かっこよかった。

2022-10-10

『文鳥に慎重』
文鳥に慎重になっていること。
この間、友人の文鳥と出会う機会があった。
猫と違うカタチだから 
慎重な気持ちを感じていたけど 
目の表情ニュアンスが似ているということを感じた。
慎重からみえてきた 光。
今日は湿気が強いから
絵の具が乾きにくい。

『波の部屋』
睡眠の時の部屋と起床時の部屋。
その流れに潜む ビジョンの具現化。
彼女が早朝暴れる理由は 
そこにあるかもしれない。

2022-10-09

『眠り花』
眠りに 
お花を咲かせましょう。

2022-10-08

2022-10-07

2022-10-05

美山シュークリームとFree school カップ。
確か 
シュークリームが苦手な作家さんがいたっけな。
好きなモノ。苦手なモノ。
好き嫌い、本能基本軸。
ちなみに僕は
マシュマロが苦手。

2022-10-03

搬出を終えてきて 数日。
こちらでの 感触の違和感とスムーズが 
交差していったり。
違和感に「集中」の部分を感じると 
違和感との距離感がみえてくるから 共存の感覚もわかる。
愛をもう一度 みなおせるツール。
わっほい。

Copyright © 2020 Tomoya Kato.