TOMOYA KATO

Diary

2019-03-18

「思考」に 慣れすぎて 「意味の無い行為?」を 受け入れられない 詰まり気味の循環機能。その先には 「他者から比べの自分嫌い」が みえる。
「思考」に 慣れすぎて 「意味の無い行為?」を 受け入れられない 詰まり気味の循環機能。

その先には 「他者から比べの自分嫌い」が みえる。

2019-03-17

『今』に集中したら 勝手に 向こう側から やってくる 『何か』。
『今』に集中したら 勝手に 向こう側から やってくる 『何か』。

雨が降ったり 晴れて 風がふいたり まるで 立体や平面みたい。
雨が降ったり 晴れて 風がふいたり まるで 立体や平面みたい。

2019-03-16

ぬりかべからの。
ぬりかべからの。

2019-03-15

きのこ
きのこ

2019-03-14

日常の集中から 破壊と再生。
日常の集中から。。

2019-03-13

感情で 情報を選んでいる。情報と対話していることが沢山。
感情で 情報を選んでいる。

情報と対話していることが沢山。

2019-03-11

他者を通して 「自身を 好きである」という錯覚は、見事に 表現にでる。そこに 評価の上下に 惑わされて 鼻が 伸び縮みする様がある。そんなパターンに 気付いていく様は、対話の中には ある様な気がする。情報より実感を。
他者を通して 「自身を 好きである」という錯覚は、見事に 表現にでる。

そこに 評価の上下に 惑わされて 鼻が 伸び縮みする様がある。

そんなパターンに 気付いていく様は、対話の中には ある様な気がする。

情報より実感を。

朝の仕事。ハマノテ ラボ の事を 考えながら。
朝の仕事。

ハマノテ ラボ の事を 考えながら。

ナウシカ の 模写。模写する事で、 より わかる事。
ナウシカ の 模写。

模写する事で、 より わかる事。

阿闍梨
阿闍梨

2019-03-10

『上手と蕪垂葉』女性は 上に手を伸ばし、蕪は 菜っ葉を垂れ下げる。
『上手と蕪垂葉』

女性は 上に手を伸ばし、蕪は 菜っ葉を垂れ下げる。

2019-03-08

細い 細い 三日月よ。完璧な美しさと 不完璧な人との繋がり。
細い 細い 三日月よ。完璧な美しさと 不完璧な人との繋がり。

今日は 晴れたけど 気温が 低い。
今日は 晴れたけど 気温が 低い。

2019-03-07

いただいた 蝋燭に 火をともす。火をみつめる時期。
いただいた 蝋燭に 火をともす。

火をみつめる時期。

ぬりかべ と 多分 おざわ けんじ。
ぬりかべ と 多分 おざわ けんじ。

2019-03-06

ジッとみられていた。
ジッとみられていた。

『黒豹と草』黒豹の撮影に 成功した 草が いたそうな。
『黒豹と草』

黒豹の撮影に 成功した 草が いたそうな。

kousagisha gallery では大畑 公成さんの 展覧会が 始まりましたよ◎キャンバスに描かれた絵が バンバン 飾らせていて スカッと 気持ち良い空気感。3月の光とのリンクが 気持ちよい。◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇大畑 公成 個展『OPEN THE WINDOW』[期間]3月6日(水)〜3月31日(日)[定休日]月曜 火曜[時間]12時〜19時[場所]kousagisha gallery (光兎舎)
kousagisha gallery では大畑 公成さんの 展覧会が 始まりましたよ◎

キャンバスに描かれた絵が バンバン 飾らせていて スカッと 気持ち良い空気感。

3月の光とのリンクが 気持ちよい。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

大畑 公成 個展

『OPEN THE WINDOW』

[期間]3月6日(水)〜3月31日(日)

[定休日]月曜 火曜

[時間]12時〜19時

[場所]kousagisha gallery (光兎舎)

2019-03-04

『奏者は 歩く木と 話している』眠りから覚めても モヤモヤする事は、何かに 集中する事で 身体の循環機能が働き、「今」の全体像が 感じ始めてくる。昨日という過去や 未来という 虚像に振り回されず「今に生きる」という事。「情」に流されては 他人の世界に干渉し、ワザと「不安」を 選んでは 依存を繰り返す。他人の庭を羨んで 自身の足元が 嫌いというエゴパターンを 他感する事。「集中」を通して、「リアリティー」を 感じる術は あちらこちらに 散らかってる。
『奏者は 歩く木と 話している』

眠りから覚めて モヤモヤする事は、何かに 集中する事で 身体の循環機能が働き、「今」の全体像が 感じ始めてくる。

昨日という過去や 未来という 虚像に振り回されず「今に生きる」という事。

「情」に流されては 他人の世界に干渉し、ワザと「不安」を 選んでは 依存を繰り返す。

他人の庭を羨んで 自身の足元が 嫌いというエゴパターンを 他感する事。

「集中」を通して、「リアリティー」を 感じる術は あちらこちらに 散らかってる。

Copyright © 2014 Tomoya Kato.