TOMOYA KATO

Diary

2022-08-27

作品の荷詰がおわり 
郵送へ。
不安と楽しみが 混ざり合う時間。
色々 「そうだな」「そうだね」と 
キャッチしつつ、
内面の強いエネルギーをみる。
我、画、ガ、欲、能、ヨク。

2022-08-25

2022-08-23

2022-08-20

【お知らせです】
9月に 静岡 伊豆の国にある
gallery noir / NOKTA さんで 
2週間程の展覧会をさせて頂きます◎
「記号へお山」です。
久しぶりの広い会場での展示となります。
荷造りなかなか大変ですが、
搬入が楽しみなのだと思います。
ご興味のある方は
是非ぜひお越し下さいませ◎
(⊿在廊は10日.11日.26日させて頂きます)
どうぞよろしくおねがい致します。
⭐︎DMデザイン & 撮影 : Su-
△▽ △▽ △▽ △▽ △▽ △▽ △▽
加藤 智哉 個展
『記号へお山』
[期間]9月10日(土)〜9月26日(月)
[時間]11時〜17時
[休]木曜日
[会場]gallery noir / NOKTA
(静岡県伊豆の国市 中750-11)

2022-08-19

『火へのお誘い』
誰かを誘うこと、誘われること、
また違う
世界への境界線があるわけだから
ドキドキはするけど。
人でなくてもバスに乗ったり 
新幹線に乗るだけでも ドキドキもする。
郵便局は 少し慣れてきた。
かも。

2022-08-16

言葉を受けて、身体に違和感。
違和感だけがのこって 
言葉を返せない感触がよくある。
そんな時に 
何となくのバランスで考えた言葉で返したりするのだけど、
その後の身体への違和感は 
なかなか絶大なモノが残ってしまう。
休息と制作をして
自分の中のリアリティーと違和感の中和?させみて、
着地点としての言葉をみいだす。
そしてこの言葉は正義ととらえず、
「生」として とらえ 「選択」の材料くらいにする。
伝わる人には伝わるし、
伝わらない人には伝わらない。
正負、善悪、良し悪し、
を通過して 個人的なリアリティーくらいに。
今日は五山の送り火だ。

2022-08-15

他人のことを 
「羨ましい」と思う気持ちは、
基本的に 自分の「幸せ」をみていない、暴走の1つ。
自身の「幸せ」に 感謝をする。
そこから共鳴リズム。

2022-08-14

丁寧に鑑賞を大切に 
美の時を守る尊い芸術。
芸術を身近に。
滅びも制作の一部。
壊れても再生させていく循環芸術。
ギャラリストとしては前者?
絵描きとしては 後者?

他人の感動の体験、言葉と向き合い、
考えてみるが
「行動と感動」

やっぱりリアリティー。
「?」
の大切さ。
腰を据える矢印。

2022-08-13

2022-08-11

今年も モカソフト。
だ!。

お墓へのお線香の火付けは
なかなか難しい。
風に消されない様
灯篭の陰に隠れて 
火をつければ
蜂が飛んできた。
後、猫をみる。

2022-08-09

『灰色こよし』
昨日は久しぶりに 好きなカレーを食べたが
、キレが弱かった気がした。
でも 少し 気持ちに隙間もできた気もした。
展示前で こん詰める圧をつくっている感触。

2022-08-06

雨雲と一緒に
ピアノが来た日。
yatchiさん とおるちゃん
ありがとう。

2022-08-04

Su-へ 
DM用の作品を送り、角谷さんから 届いた写真とデザイン。
自分と作品。角谷さんと作品。
また違う視点だけど、共有点もある様な。
展示の1ヵ月前は 自分の無意識の部分までも 緊張で満たされている。
もう1人?もう数人?
の自分が より濃く在る感じ。
少し そんな盲目感のある自分へ
後押ししてくれる感触が 角谷さんの視点に感じたり。
けど甘やかさない ミックスパウダー。

2022-08-01

8月。
暑いけど 展示前だから? よくわからない。
今日は DMのこと
角谷さんと相談。

2022-07-31

DMにのせる作品。
作品の荷造り。
お盆への墓参り。
みるみるあみる。
自分の感情。
他人の感情。
たくさんのモノと向き合う。
向き合わない。
選択のエネルギー。

2022-07-29

カタチだけ正当化した暴走した欲に触れて
腹が立つ。
他者に対して感情が乱れること。
怒りを何処にぶつけるか。
怒りのパワーは なかなか強い。
まずは寝るとよい。
矢印をどこに向けるか。
欲と向き合う時間。

2022-07-27

静岡の展示空間を考えながら みるみるあみる。
DMがなかなか遠い。
ピリピリする。自分を客観。

2022-07-25

『色色』
色んなもんが混じり合う日々だ。

Copyright © 2020 Tomoya Kato.