TOMOYA KATO

Diary

2019-01-23

自分の展示は コンセプトは よくわからないけど、ものすごく 何かにこだわって それを 超えて 何かを 発見して 空間をつくっていってる。言葉や思考では 伝えきれない 意思が 自分の意識感と身体感の調整が始まる。
自分の展示は コンセプトは よくわからないけど、ものすごく 何かにこだわって それを 超えて 何かを 発見して 空間をつくっていってる。

言葉や思考では 伝えきれない 意思が 自分の意識感と身体感の調整が始まる。

2019-01-22

フワッとした感触から最後に ピタリとくるのが できた。
フワッとした感触から最後に ピタリとくるのが できた。

展示は 悩む。たくさんの 絵があり 空間に 描く。
展示は 悩む。

たくさんの 絵があり 空間に 描く。

Mのどらやき。友人が お土産、下さりました。美しき おいしき。ミエポンプの珈琲と 至福。
Mのどらやき。

友人が お土産、下さりました。

美しき おいしき。

ミエポンプの珈琲と 至福。

2019-01-21

kousagisha gallery 、2月の空間に向けて。搬入開始。展覧会というより、ただ 空間を つくること。そんな中、最近 自分がよくわからない。でも 元々 わかっていなかったんだ。変化?不安。
kousagisha gallery 、2月の空間に向けて。搬入開始。

展覧会というより、ただ 空間を つくること。そんな中、最近 自分がよくわからない。

でも 元々 わかっていなかったんだ。

変化?不安。

違う要素を 付け加える無邪気さが 努力みたいな モノを 流して 正負を超えて 筆先に活力を生む。
違う要素を 付け加える無邪気さが 努力みたいな モノを 流して 正負を超えて 筆先に活力を生む。

2019-01-20

7月の日記帳。その時期のものを 感じる。
7月の日記帳。

その時期のものを 感じる。

『信仰とおねがい』
『信仰とおねがい』

日記帳の付録
日記帳の付録

2019-01-19

座っている椅子を あけ渡せと、 無言の圧力を かけてくる みゃーみゃーみゃーこ。夜は パトロール。
座っている椅子を あけ渡せと、 無言の圧力を かけてくる みゃーみゃーみゃーこ。

夜は パトロール。

2019-01-18

淡い蟹。花瓶を持つ女性。
淡い蟹。

花瓶を持つ女性。

最近  制作が こんつめ。そろそろ 空間にも 手をつけていかなきゃ。と 思っていたら 卵の黄身が 2つ。人生初めて。
最近 制作が こんつめ。

そろそろ 空間にも 手をつけていかなきゃ。

と 思っていたら 卵の黄身が 2つ。

人生初めて。

沢山描いたら 切るのは 大変だと。
沢山描いたら 切るのは 大変だと。

2019-01-17

『如雨露と雑草』昭和天皇が 言っていたららしい。「この世に 雑草という草は 無い」
『如雨露と雑草』

昭和天皇が 言っていたららしい。

「この世に 雑草という草は 無い」

2019-01-16

『王国の壺』

『王国の壺』

『花壇の如雨露』昔、ジョウロの先っぽをつけないで 草花に 水をあげなかっただけで、「花の気持ちになっていない!」と 先生にバチバチに しばかれた という エピソードを 聞いた事がある。今となれば なんだか あまりにも 偏った 教え方だと 気付くけど、 その当時は それすらも わからない環境だったと思う。そして それは 傷?として ネタとして 学生時代の思い出になっていたりする。ジョウロを描いて そんな事を 思い出した。
『花壇の如雨露』

昔、ジョウロの先っぽをつけないで 草花に 水をあげなかっただけで、「花の気持ちになっていない!」と 先生にバチバチに しばかれた という エピソードを 聞いた事がある。

今となれば なんだか あまりにも 偏った 教え方だと 気付くけど、 その当時は それすらも わからない環境だったと思う。

そして それは 傷?として ネタとして 学生時代の思い出になっていたりする。

ジョウロを描いて そんな事を 思い出した。

2019-01-15

半分ねむい。久しぶりの雨。
半分ねむい。

久しぶりの雨。

2019-01-14

フォークよ さされ。
フォークよ さされ。

2019-01-13

「好き」という 感情をかかげて 自身のつくりだしている 「不安」に 執着して 対話を悲観している パターン。
「好き」という 感情をかかげて 自身のつくりだしている 「不安」に 執着して 対話を悲観している パターン。

2019-01-11

Instagram Image

Copyright © 2014 Tomoya Kato.