TOMOYA KATO

Diary

2020-04-14

オースターラララバイ 2。とりあえず今日は 風呂に早く入ろう。
オースターラララバイ 2。

とりあえず今日は 風呂に早く入ろう。

2020-04-13

オースターラララバイ。今日は オースターラの搬出。貼った絵たちを はがすはがす。亮太さんと 今朝のどでかい雷の話をした。雷音で 目が覚めた時の みゃーこの顔の 凛々しさが 印象的だったな。
オースターラララバイ。

今日は オースターラの搬出。

貼った絵たちを はがすはがす。

亮太さんと 今朝のどでかい雷の話をした。

雷音で 目が覚めた時の みゃーこの顔の 凛々しさが 印象的だったな。

2020-04-12

『カミナリさまの風景』今日は 曇りだったから 部屋が暗い中 描いた。なんだか 最近 崇高な感じが 描けない。あと 紙質が変わった気がした。ピカピカ。
『カミナリさまの風景』

今日は 曇りだったから 部屋が暗い中 描いた。

なんだか 最近 崇高な感じが 描けない。

あと 紙質が変わった気がした。

ピカピカ。

今日はヒエールね。
今日はヒエールね。

2020-04-10

展覧会みたいなのに 開催するというより、空間の装置づくりに 励む この意識が、お花のお水をかえる事と 少し繋がりそうだ。
展覧会みたいなのに 開催するというより、空間の装置づくりに 励む この意識が、お花のお水をかえる事と 少し繋がりそうだ。

2020-04-09

そういえば この間のオーノミーチのホワイトさん家訪問。あのコ達が 色んなホワイトエッセンスと共存していた。やっぱり ココはすごい場所だと 思います。「家とモノの共存からくる発見」の この感触は、テレビが神様だった時代に  また違う視点の気付きを与えてくれたあの時と 同じ感触を味合わせてくれる。 「ただテレビをみる」というパターンから 「テレビをみる事を選んでいる」という 選択に変化していったのかな。
そういえば この間のオーノミーチのホワイトさん家訪問。

あのコ達が 色んなホワイトエッセンスと共存していた。

やっぱり ココはすごい場所だと 思います。

「家とモノの共存からくる発見」の この感触は、テレビが神様だった時代に  また違う視点の気付きを与えてくれたあの時と 同じ感触を味合わせてくれる。 「ただテレビをみる」というパターンから 「テレビをみる事を選んでいる」という 選択に変化していったのかな。

2020-04-06

ネバリとコダワリの狭間より やっと出たこの感触よ。あの世からの生命感が この世に生きるパワーになっていたりして、屋上の植物も ワザとらしくなくて 自粛も実は 自祝に結びついていたりする。さて よこになろう。
ネバリとコダワリの狭間より やっと出たこの感触よ。

あの世からの生命感が この世に生きるパワーになっていたりして、屋上の植物も ワザとらしくなくて 自粛も実は 自祝に結びついていたりする。

さて よこになろう。

2020-04-05

ビヨンド
ビヨンド

ノバナ
ノバナ

タコイカ
タコイカ

2020-04-04

日常との付き合い方。情報との付き合い方。自然との付き合い方。内面との付き合い方。色んな具材がありますね。
日常との付き合い方。

情報との付き合い方。

自然との付き合い方。

内面との付き合い方。

色んな具材がありますね。

2020-04-03

オースターラタプタプです。
オースターラタプタプです。

北白川のちせさんで開催された「オースターラの花飾り」展。展覧会は無事終了致しました。お越し下さった皆々様 誠にありがとうございました◎個人的に とても楽しい展示となりました!最初に ちせの亮太さんに今回の企画を頂いた時、参加する作家さんの面々をみて 「なかなか作風がバラバラなメンツだな」という印象を正直受けました。そして搬入当日に 作品を目の当たりにして 冷汗が出たのを 覚えています。でも いざ それぞれの作家さんの作品と ちせ という場所を 観察して空間をイメージしてみると その心配は 何処へやら。僕の精神は 自由への階段を登って  オースターラの女王に召される快感へと変わっていきました。危うさの快感。春のペテン師です。無理やり 絵で 他の作家さんの作品に 絡んでいくと、なかなかビックリ。いつの間にか 集中力が高まり 「あれは こうしたい!ここは これでしょ」みたい なコダワリの塊が出てきていました。徐々に空間が出来上がっていくと 他の作家さんに怒られないか 心配にもなりましたが、亮太さんと 笑い合いながら コレはあーだ、アレはこーだ、と だべって作業を進めていた事を 覚えています◎ 展覧会を企画して下さった ちせさんの亮太さん、しほちゃん、nuri candleさんを始め、一緒に参加して下さった作家の皆々様、どうもありがとうございました◎(余談:不安に駆られた朝、オースターラを反対から読んでみたりしました。ラータスーオ。)次は 夏至の日を目指して 6月に またkousagisha gallery に 空間をつくろうかと思ってます。(写真は朝光 ワカコさんが 提供して下さいました)
北白川のちせさんで開催された「オースターラの花飾り」展。

展覧会は無事終了致しました。

お越し下さった皆々様 誠にありがとうございました◎

個人的に とても楽しい展示となりました!

最初に ちせの亮太さんに今回の企画を頂いた時、参加する作家さんの面々をみて 「なかなか作風がバラバラなメンツだな」という印象を正直受けました。

そして搬入当日に 作品を目の当たりにして 冷汗が出たのを 覚えています。

でも いざ それぞれの作家さんの作品と ちせ という場所を 観察して空間をイメージしてみると その心配は 何処へやら。

僕の精神は 自由への階段を登って  オースターラの女王に召される快感へと変わっていきました。危うさの快感。

春のペテン師です。

無理やり 絵で 他の作家さんの作品に 絡んでいくと、なかなかビックリ。

いつの間にか 集中力が高まり 「あれは こうしたい!ここは これでしょ」みたい なコダワリの塊が出てきていました。

徐々に空間が出来上がっていくと 他の作家さんに怒られないか 心配にもなりましたが、亮太さんと 笑い合いながら コレはあーだ、アレはこーだ、と だべって作業を進めていた事を 覚えています◎

展覧会を企画して下さった ちせさんの亮太さん、しほちゃん、nuri candleさんを始め、一緒に参加して下さった作家の皆々様、どうもありがとうございました◎

(余談:不安に駆られた朝、オースターラを反対から読んでみたりしました。ラータスーオ。)

次は 夏至の日を目指して 6月に またkousagisha gallery に 空間をつくろうかと思ってます。

 

2020-04-01

親指オオカミさん。乗っかってる陶板は 西野 詩織さんの作品。品がありますね。
親指オオカミさん。

乗っかってる陶板は 西野 詩織さんの作品。

品があります。

2020-03-31

自粛も大切だけど 腸内環境も大切。でも よく考えてみたら 僕は 普段から 自粛よりの生活でした。色々 改めなおす機会だよ。
自粛も大切だけど 腸内環境も大切。

でも よく考えてみたら 僕は 普段から 自粛よりの生活でした。

色々 改めなおす機会だよ。

2020-03-30

画材が足らない朝。なんだか 色々 判断と柔らかさが 試されている感じだ。解決も大切だけど 不安との対峙や自身への研究への一貫。そして 睡眠の研究。睡眠は トラベリング & チャージ。
画材が足らない朝。

なんだか 色々 判断と柔らかさが 試されている感じだ。

解決も大切だけど 不安との対峙や自身への研究への一貫。

そして 睡眠の研究。

睡眠は トラベリング & チャージ。

2020-03-29

最終日 オースターラ。
最終日 オースターラ。

2020-03-28

Instagram Image

2020-03-26

顔って 描くと 離れていくんだよね。でも 描かないと 始まりもしない。存在させる ニュアンスの駆け引き。存在がしてないと、ウソもつけない感じ。本当とウソ。
顔って 描くと 離れていくんだよね。

でも 描かないと 始まりもしない。

存在させる ニュアンスの駆け引き。

存在がしてないと、ウソもつけない感じ。

本当とウソ。

2020-03-25

『Bの肖像』つるつるのモノをつるつるのまま 出したものだから 慎重になるんだよ。そんな目。あの世。
『Bの肖像』

つるつるのモノをつるつるのまま 出したものだから 慎重になるんだよ。

そんな目。

あの世。

Copyright © 2020 Tomoya Kato.