TOMOYA KATO

Diary

2018-10-25

『セーター着た黄色山猫』最近 猫が 朝方 布団に入ってくる。早朝睡魔とゴロゴロと喉を鳴らす音の狭間にやってくる。胸にささる 硬い爪が日課になってきた。セーターの季節に毛玉の季節。光兎舎は演奏会の季節です。11月3日(土)は kousagisha gallery にて ギターリスト 青木 隼人さんの演奏会(詳細は 光兎舎のホームページからみれます)11月12日(月)は 菜食光兎舎にて テニスコーツさんとMarksさん達(spirit fest)による 演奏会が ありますよ。(詳細は只今検討中です)あわわ。
『セーター着た黄色山猫』

最近 猫が 朝方 布団に入ってくる。

早朝睡魔とゴロゴロと喉を鳴らす音の狭間にやってくる。

胸にささる 硬い爪が日課になってきた。

セーターの季節に毛玉の季節。

光兎舎は演奏会の季節です。

11月3日(土)は kousagisha gallery にて ギターリスト 青木 隼人さんの演奏会

(詳細は 光兎舎のホームページからみれます)

11月12日(月)は 菜食光兎舎にて テニスコーツさんとMarksさん達(spirit fest)による 演奏会が ありますよ。

(詳細は只今検討中です)

あわわ。

2018-10-23

少しずつだけど 変化していく 日常。卓上。
少しずつだけど 変化していく 日常。

卓上。

2018-10-22

空には とにかく飛行機が よく飛んでいる。朝への意味付けは わからなくていい。
空には とにかく飛行機が よく飛んでいる。

朝への意味付けは わからなくていい。

『緑のひとみ、黄色いかみ』顔は いつもシンプルだ。同じようで 同じじゃない。 句読点みたいな 感触もある。
『緑のひとみ、黄色いかみ』

顔は いつもシンプルだ。

同じようで 同じじゃない。

句読点みたいな 感触もある。

2018-10-20

『黄色の森徘徊』画面のしっかりさ とかは 目的地ではなく 鉛筆と水がひろげる 森の中。
『黄色の森徘徊』

画面のしっかりさ とかは 目的地ではなく 鉛筆と水がひろげる 森の中。

2018-10-19

染め紙に 落書き。絵描きの特権。
染め紙に 落書き。

絵描きの特権。

舟の構想。何が乗るのか、大きさか。
舟の構想。

何が乗るのか、大きさか。

2018-10-18

最近 夜にも 描く様になった。今日は みゃーこに アメジストを もらった。
最近 夜にも 描く様になった。

今日は みゃーこに アメジストを もらった。

夕日と猫魚。たそがれ刻は 腹もへる。
夕日と猫魚。

たそがれ刻は 腹もへる。

2018-10-17

意味がわからなくて 物語もなくて。置くことで 世界がつくれていく。

『かみがおいた世界』

意味がわからなくて 物語もなくて。

置くことで 世界がつくれていく。

塗装前。舟。白い卓上が 似合う白。
塗装前。

舟。

白い卓上が 似合う白。

『一人遊び』一色塗られた世界で ひとり。
『一人遊び』

一色塗られた世界で ひとり。

『大きいと 黄色い家には 入れない』入れないのだど いつも大きさは 測れるものではない。
『大きいと 黄色い家には 入れない』

入れないのだど いつも大きさは 測れるものではない。

2018-10-16

制作の日々が 続く。外は 美しい。
制作の日々が 続く。

外は 美しい。

『たましいと出会い 花をあげたい 旗』描くことで みえてくる白さと 思い出。
『たましいと出会い 花をあげたい 旗』

描くことで みえてくる白さと 思い出。

2018-10-15

『魂に出会い華をあげたい』最近の午前中の光が 美しい。
『魂に出会い華をあげたい』

最近の午前中の光が 美しい。

禅問答。絵問答。
禅問答。

絵問答。

2018-10-14

『黄色い家には 入れない』
『黄色い家には 入れない』

2018-10-12

最近 作業中に 出てくる言葉。「犠牲心では 幸せには ならない」今 kousagisha galleryにて 展示をされている 松本 尚さんは 絵を描く前に モチーフを一度、粘土で立体におこしてから それを 写生し 画面に絵でおこすという。立体の力と平面の力。
最近 作業中に 出てくる言葉。

「犠牲心では 幸せには ならない」

今 kousagisha galleryにて 展示をされている 松本 尚さんは 絵を描く前に モチーフを一度、粘土で立体におこしてから それを 写生し 画面に絵でおこすという。

立体の力と平面の力。

2018-10-09

また 日記帳が一冊できた。変化の不安には 筆先がバランス軸になる。
また 日記帳が一冊できた。

変化の不安には 筆先がバランス軸になる。

Copyright © 2014 Tomoya Kato.