TOMOYA KATO

Diary

2021-06-22

夏至

2021-06-20

swim pondと網代さんの日。
みゃーこのごはんをたくさん買いに行ったら レジの店員さんにめっちゃ猫話された。レジ打ちと猫話の感覚が分離するのか 
滑らかさのない会話だった。
だからか緊張しました。
びっくりした。

2021-06-19

この間描いた unicornの絵を額縁にいれてみる。
絵を夜の光でみると 自分の世界の奥に つれていってもらえる。
でも そこに浸り過ぎたら 次の世界にむきにくくなるし 腹6分目。
浸る感触は 気持ちが高揚するけど 還る事も世界を培うのに必要ですのか。

2021-06-17

『white dress』
集団意識を大切にし過ぎて 個の意識が ボヤけて身体にくる。
自分がどんな質感の言葉や会話を発しているとかよりも「他」や「多」の発する
情報を摂取する事の方が大切で
いつも周りからのポジションを気にしている。
ひっつく事や離れる事は 自然な現象で それを生み出す 個の質感。
個に集中して他と接するツールが 自分の我や質感を気付かせてくれる。

ハマさんから お菓子と一緒に手紙がとどく。
楽譜みたいな手紙だ。
春の日記帳展での感想や想いが 丁寧に書き留められていたけど 文字がリズムに流れて ところどころ なんとなく読めない。
あの時 だべりながら展示作業していた時の事を想い返す。
ハマノテで 展示でした事を 嬉しく思う。

2021-06-16

今日 できたコ。
つかれた〜。
雨がしとしと。

2021-06-15

『 unicorn blue 』
湿気と気圧に便乗した身体が 茶色くなったら 青いユニコーンに遭遇します。
青くなったり 赤くなったり、黄色に少し茶化されたり。粘土をつかうと 抽象と具象が 認識しやすくなるのが最近気がついたところ。
前に描いた みゃーこのスケッチが 色んな時代を思い返させてくれて、去年の6月とはまた違った夏を迎えそうです。
8月に また桃居さんで 展示をさせてもらいます。
お盆の桃です◎
ーーーーーーーー
加藤 智哉 個展 
『跡まつり』

【期間】2021年 8月14日(土)〜17日(火)
【時間】14:00〜20:00 (最終日は19:00まで)
【会場】桃居(東京都港区西麻布2-25-13)
△▽ △▽ △▽ △▽ △▽ △▽ △

昨日入った喫茶店の 紅茶についてきたミルクの量が 以上に少なかった。
チョロリだ。
その少なさは 紅茶の香りを楽しむ為の量なのかな。
シュガーは2つもついていた。

2021-06-13

『center of cat 』
正義と我が入り混じって 三年寝太郎。
自分の内に集中する事で ものごとの捉え方や 伝える言葉、アンバランスへのバランスを得る探究が得られる。
情報を得たら このツールが大切。

2021-06-11

『庭選定吟味』
話す時に 相手のゼリーみたいなモノを吸い込みながら 言葉を返したり 自分が話したいことを選択していく。
「我」を見落としてる言葉や 「選択」をしていない言葉に チカラが噛み合わない。
そうなると 余分な感触も面白味が咲かない。

2021-06-08

『水たまりからカブト虫』
光兎舎でのツダさんの展覧会が終わった。クッキー屋で働きながら 絵を描いていツダさんと ギャラリーをしながら絵を描いている自分のつくりだした世界。
これも一つホボスだったな。
そうなりゃ水たまりからも カブト虫だって 飛んでくる。

2021-06-05

たこやん。
菜食はお休み。
たこやん。

2021-06-03

『気圧療法』
立体をつくると 不思議と平面に 粘り強さが生まれて、具象と抽象のツール間にある質感に 3ヶ月前とは違った感触を感じている。ふと気が付けば 季節の目と観察の目が 交差している。そして6月の気圧を背中に感じる。
ダルさののこる朝は 小澤征爾さんの指揮に従おう。

2021-06-02

粘土でツダさんと一緒につくる時間。
出来上がった ツダさんの立体をみてみると 
 スィッとしていて 滑らかな曲線で 小君よく仕上がっていた。
自分のつくるカタチとまた違っていて面白い。
まだ 彩色していないし 余計にわかるのだ。

2021-06-01

パワーおくります。

2021-05-30

『みずいろの庭に迷いこむ』
その時の言葉より 跡に残る感触を吟味して 過ごす日常が より対話に幅を描き出して スリリングにレッドカーブを曲がるとかね。

2021-05-29

ツダさんからかりた 電動木彫り機で 木彫してみる。お久しぶり介。
手がブルブルして 疲れた。
水がうまい。

『池の主と木の主』
主よ、隣人を愛せよ。

2021-05-27

『star blue』
嵐はずっと続くわけじゃない。
それは ふつうの事だしな。
夏の4日間の展示にむけて 打ち合わせ。
搬入は3日間。
つくる楽しみ。

2021-05-26

富良野の話をみながらフラフラして 
かぶって無理しない。

Copyright © 2020 Tomoya Kato.