TOMOYA KATO

Diary

2020-03-09

光兎舎の近くには swimpond  coffee が あってね。珈琲と合わせてチーズケーキ これがうまい。そして ホットドック食べてまたうまい。
光兎舎の近くには swimpond coffee が あってね。

珈琲と合わせてチーズケーキ これがうまい。

そして ホットドック食べてまたうまい。

2020-03-06

春の女王への花束の渡し方が よくわからない。春分、夏至、秋分、冬至。女王や王様。姫や王子。蛸か烏賊。
春の女王への花束の渡し方が よくわからない。

春分、夏至、秋分、冬至。

女王や王様。

姫や王子。

蛸か烏賊。

2020-03-05

そういえば 三月でしたね。
そういえば 三月でしたね。

2020-03-04

みゃーこは 夜中に いったい 何をしているのだろうか??
みゃーこは 夜中に いったい 何をしているのだろうか??

2020-03-02

『オースターラの花飾り』3月14日(土)から 北白川の ちせ で開催されるグループ展、「オースターラの花飾り」のdmの為に一度 つくりあげた切り絵達を 額におさめる為に 剥がしてまた 再編集。うん。象徴はなんか不一致だし、丁度よい。あの時と今。 べにさんの展示中に切った 新しい切り絵達も少しつかって オースターラ。僕は 花束で祝福しないで 切り絵達で祝福するの。よい場所になります様に・・。
『オースターラの花飾り』

3月14日(土)から 北白川の ちせ で開催されるグループ展、「オースターラの花飾り」のdmの為に一度 つくりあげた切り絵達を 額におさめる為に 剥がしてまた 再編集。

うん。

象徴はなんか不一致だし、丁度よい。

あの時と今。

べにさんの展示中に切った 新しい切り絵達も少しつかって オースターラ。

僕は 花束で祝福しないで 切り絵達で祝福するの。

よい場所になります様に・・。

今回の春は ぐるぐるしていて 多分 少し苦手だね。
今回の春は ぐるぐるしていて 多分 少し苦手だね。

2020-02-29

蟹。「魅力」と「自虐」って、近いモノかしら??
蟹。

「魅力」と「自虐」って、近いモノかしら??

2020-02-27

ヤッチちゃん。
ヤッチちゃん。

2020-02-26

疲労なのか 淀む空気かな。
疲労なのか 淀む空気かな。

タンゴで踊りましょうな。
タンゴで踊りましょうな。

2020-02-25

自分の循環の為だけに 描いているわけじゃ ないし、 他者を喜ばせる為だけに 描いているわけじゃない。両方は 両方だけど、別に 両方なだけでは ない。そう、よく 言葉にすると、その言葉を 直ぐに理解して 着地しようとするのだ。義務がね。対をつくって。対話はもちろん対は必要かもしれないが、白黒だけでは 幅は無し。白と黒の間に宇宙感。
自分の循環の為だけに 描いているわけじゃ ないし、 他者を喜ばせる為だけに 描いているわけじゃない。

両方は 両方だけど、別に 両方なだけでは ない。

そう、よく 言葉にすると、その言葉を 直ぐに理解して 着地しようとする。

義務がね。

対をつくって。

対話はもちろん対は必要かもしれないが、白黒だけでは 幅は無し。

白と黒の間に宇宙感。

くじらだけど、ナマズにみえて、どじょうみたい。
くじらだけど、ナマズにみえて、どじょうみたい。

スカートの日。搬出の日。
スカートの日。

搬出の日。

2020-02-23

否定じゃなくて 「崩し」という言葉が合うのかな?でも この感触は 「否定」とよくとらえられる様な気がする。どんな人でも フトした時に 「違和感」あるでしょ。違和感を ただ否定だけに するのは 面白くない。
否定じゃなくて 「崩し」という言葉が合うのかな?

でも この感触は 「否定」とよくとらえられる様な気がする。

どんな人でも フトした時に 「違和感」あるでしょ。

違和感を ただ否定だけに するのは 面白くない。

朝から 雲の中だ。湿度にやさしく。
朝から 雲の中だ。

湿度にやさしく。

2020-02-22

エネルギーを注ぐと 大切な存在になる。でも その大切な存在に まだまだ 違和感があり、その違和感に従い 存在をつぶす。こわす。付き合わない。すると その跡から 次のバランスが生まれて また フィットして 強く信じれる画面が できあがる。生みの苦しみと喜び。雑と丁寧。間近とぼやけ。
エネルギーを注ぐと 大切な存在になる。

でも その大切な存在に まだまだ 違和感があり、その違和感に従い 存在をつぶす。

こわす。

付き合わない。

すると その跡から 次のバランスが生まれて また フィットして 強く信じれる画面が できあがる。

生みの苦しみと喜び。

雑と丁寧。

間近とぼやけ。

2020-02-21

表は明るい。裏は暗い。なんて つまらない。会話は 一緒につくるもの。
表は明るい。

裏は暗い。

なんて つまらない。

会話は 一緒につくるもの。

2020-02-19

お花 お花お花。
お花 お花お花。

2020-02-18

知人の猫が あちらの世界に 旅に行かれた。旅立たれると 自身の日常リズムが 変化する。喪う感覚。日常の大切さ。孤独感。罪悪感。過去、思ひ出。「本当にたくさん」が ぐるぐるまわる。

寒い朝、玄関からの景色。あの家に 雪が積もっていると 思ったが ただの白い屋根だった。洗濯も億劫になる。
寒い朝、玄関からの景色。

あの家に 雪が積もっていると 思ったが ただの白い屋根だった。

洗濯も億劫になる。

Copyright © 2020 Tomoya Kato.