TOMOYA KATO

Diary

2020-11-13


実家に帰ってよくみる構図。
両親とつけっぱなしのTV。
TVと両親の3人の会話。
外出中によくみる構図。
携帯と携帯をみている人。
友達と携帯と自分。
自分達の聖書、情報(信仰)が 自然から本、本から
TV、TVから携帯。
に 割と 無意識、うつり変わっていって、生活の流れにくみこまれていってる。
そこに 自己表現、自分の意識(選択)の認識をしてみると ちょいとこの無意識のループを 客観視できたりして、見直す事ができたりする。
その情報の客観視に対し 自分自身(我)の選択を どの様に向けていくのか。
みえないリズムは変化していく。

2020-11-10

秋は やたら机ついてを 考える事が多い。そして机があって 噴水がある。
噴水の風景。向き合う風景。

2020-11-07

ふとした 思いから 対話がはじまる。
リアリティーのリズムが 生死も超えて むすんで ひらく メッセージ。
ろうそくの火が 消えるまで。

久しぶりに
ハマノテ・ラボ。
日記帳展の打ち合わせ。
さぁ 冬を越えていこうかよ。

2020-11-05

【お知らせ】
ジャケットを担当させて頂いた
Hochzeitskapelle × Kama Aina(Takuji Aoyagi)
「Way faring Suite」
をホホホ座浄土寺店さんに 納品させて頂きました。
このくらいの季節に聴くと 気持ちよく。
粘土作業も気持ちよく。
************

朝からの模写。
喫茶に「モーニング」があるように、
日記帳にも「模ーニング」がある。
画面のうまみ。

2020-11-04

「サポートと犠牲心」
こうしてあげたら良い→喜ばれる快感→こうしてみたい→してあげる→してあげたのに→あれだけしてあげたのに→ゆるせない→憎い→憎い→体調が悪くなる
こうした流れは 他者と関わる上で 人間関係の中で 発生する。経験する。
だって人間だもの?
こういったループがある事は 流れの一部なんだし そうなっていたとしても、自分や他人を責めて 罪悪感に身を置くこともないし、選択の自由は 気が付けばある。

つくった空間に自分の居場所がなかったから 自分の場所をつくった。
来られた方の居場所と自分の居場所。

2020-11-03

朝光 ワカコさんとの実験空間。

色々 跡がのこる 影のひかる空間になりました。

この三日間は 時間が短く。

2020-11-01

午前中から 慌ただしい。だってば 11月なんだな。
午前中から 慌ただしい。

だってば 11月なんだな。

2020-10-31

バナナづくり。制作で 意識を超える事ができたり。知らない風景がみえたり。完成が到着でもなく。つくる不思議。
バナナづくり。

制作で 意識を超える事ができたり。

知らない風景がみえたり。

完成が到着でもなく。

つくる不思議。

昨日 信号待ちをしていたら、向こう側にある郵便局の前で 妊婦さんが 自転車を倒してしまった。お腹が大きいから なかなか自転車を 起き上がらす事ができない。手伝ってあげたいと思うが、なかなか信号が変わらない。やっと青になったと思い 小走りで駆け寄ったのも束の間、直前で 自転車は 立てなおった。僕はそのまま小走りで 走り抜けて行った。こちらは 味があり過ぎて ボツにした ブドウ。代わりにバナナをつくる事にした。
昨日 信号待ちをしていたら、向こう側にある郵便局の前で 妊婦さんが 自転車を倒してしまった。

お腹が大きいから なかなか自転車を 起き上がらす事ができない。

手伝ってあげたいと思うが、なかなか信号が変わらない。

やっと青になったと思い 小走りで駆け寄ったのも束の間、直前で 自転車は 立てなおった。

僕はそのまま小走りで 走り抜けて行った。

こちらは 味があり過ぎて ボツにした ブドウ。

代わりにバナナをつくる事にした。

2020-10-30

トタンのパルテノンから チラリ。
トタンのパルテノンから チラリ。

人間で できないと思い込んでいる事を  制作でつなぐ。人間関係で できないと思い込んでいる事を 空間でつなぐ。原子が わからなくなる情。
人間で できないと思い込んでいる事を 制作でつなぐ。

人間関係で できないと思い込んでいる事を 空間でつなぐ。

原子が わからなくなる情。

2020-10-29

追い詰められたら 悪口しか言い続けられない傾向がある。ロマンチックとか 裏切られると 特にそうなる。
追い詰められたら 悪口しか言い続けられない傾向がある。

ロマンチックとか 裏切られると 特にそうなる。

2020-10-28

うーむ。。。
うーむ。。。

昨日 一昨日と 沢山 頭を働かせていたからか、つくりたい具象感触がつくれなかった。だろう。だからか 抽象感触に 心地良さを感じていたのか。大きな自分なり感触が 出てきている。「大きいテーブル」から 学ぶ事が多い。
昨日 一昨日と 沢山 頭を働かせていたからか、つくりたい具象感触がつくれなかった。

だろう。

だからか 抽象感触に 心地良さを感じていたのか。

大きな自分なり感触が 出てきている。

「大きいテーブル」から 学ぶ事が多い。

2020-10-27

ぶどう 難しいな。これは ぶどうでは ないな。自然のカタチは 美しいな。僕のカタチは なんだ だろう。
ぶどう 難しいな。

これは ぶどうでは ないな。

自然のカタチは 美しいな。

僕のカタチは なんだ だろう。

2020-10-25

草原を描いていたら久しぶりに 虎が出てきた。昨日は ラッパから ミラクル。今日は少し 冷静にみないと 幻想だけに 飲み込まれる。
草原を描いていたら久しぶりに 虎が出てきた。

昨日は ラッパから ミラクル。

今日は少し 冷静にみないと 幻想だけに 飲み込まれる。

2020-10-24

自分が 絵を通して目指している世界って、そして 色んな人が表現して鑑賞するギャラリーって、精神性だからスピリチュアルな表現とか最先端だから現代アートな表現とかなどで括られて 比べられてしまう様な事は したくないんだな。端的に二極化な例で 言葉にするとね。体現や集中、対話の可能性、作業療法からの 場所とのフィーリング、創造力、逃避の選択。クオリティーとリズム感。ああ、言葉にしていくと わからなくなるね。
自分が 絵を通して目指している世界って、そして 色んな人が表現して鑑賞するギャラリーって、精神性だからスピリチュアルな表現とか最先端だから現代アートな表現とかなどで括られて 比べられてしまう様な事は したくないんだな。

端的に二極化な例で 言葉にするとね。

体現や集中、対話の可能性、作業療法からの 場所とのフィーリング、創造力、逃避の選択。

クオリティーとリズム感。

ああ、言葉にしていくと わからなくなるね。

Copyright © 2020 Tomoya Kato.