TOMOYA KATO

Diary

2018-11-01

おかき翁の庭。
おかき翁の庭。

なんて名前の舟だろう。いつの時代の舟だろう。とりあえず 星を飛ぶ。後ろ座席には ウタモ族。
なんて名前の舟だろう。

いつの時代の舟だろう。

とりあえず 星を飛ぶ。

後ろ座席には ウタモ族。

ベーコン。ベーコン。
ベーコン。

ベーコン。

2018-10-31

ウタモさんは スフィンクス。自転車に乗ったスフィンクスが 通り過ぎた夜。
ウタモさんは スフィンクス。

自転車に乗ったスフィンクスが 通り過ぎた夜。

2018-10-30

平面にだって 陰影はできる。文字だけでは おこせない日常。
平面にだって 陰影はできる。

文字だけでは おこせない日常。

2018-10-29

kousagisha galleryで展示してくれた 松本 尚さんの展覧会の時は 僕は 舟ばかり つくっていた。あの世とこの世をつなぐ舟。白い地獄。黒い天国。灰色のこの世。全てを祝福する事もできれば 憎悪する事もできる自由。そして 不自由は 意外と生きやすく、自由は生きにくかったりする。課題は 人それぞれ。ちなみに 舟は 音や念を使って飛ぶのです。いつも僕らが流されている流れは 目には見えなかったりすもの。
kousagisha galleryで展示してくれた 松本 尚さんの展覧会の時は 僕は 舟ばかり つくっていた。

あの世とこの世をつなぐ舟。

白い地獄。

黒い天国。

灰色のこの世。

全てを祝福する事もできれば 憎悪する事もできる自由。

そして 不自由は 意外と生きやすく、自由は生きにくかったりする。

課題は 人それぞれ。

ちなみに 舟は 音や念を使って飛ぶのです。

いつも僕らが流されている流れは 目には見えなかったりすもの。

2018-10-25

『セーター着た黄色山猫』最近 猫が 朝方 布団に入ってくる。早朝睡魔とゴロゴロと喉を鳴らす音の狭間にやってくる。胸にささる 硬い爪が日課になってきた。セーターの季節に毛玉の季節。光兎舎は演奏会の季節です。11月3日(土)は kousagisha gallery にて ギターリスト 青木 隼人さんの演奏会(詳細は 光兎舎のホームページからみれます)11月12日(月)は 菜食光兎舎にて テニスコーツさんとMarksさん達(spirit fest)による 演奏会が ありますよ。(詳細は只今検討中です)あわわ。
『セーター着た黄色山猫』

最近 猫が 朝方 布団に入ってくる。

早朝睡魔とゴロゴロと喉を鳴らす音の狭間にやってくる。

胸にささる 硬い爪が日課になってきた。

セーターの季節に毛玉の季節。

光兎舎は演奏会の季節です。

11月3日(土)は kousagisha gallery にて ギターリスト 青木 隼人さんの演奏会

(詳細は 光兎舎のホームページからみれます)

11月12日(月)は 菜食光兎舎にて テニスコーツさんとMarksさん達(spirit fest)による 演奏会が ありますよ。

(詳細は只今検討中です)

あわわ。

2018-10-23

少しずつだけど 変化していく 日常。卓上。
少しずつだけど 変化していく 日常。

卓上。

2018-10-22

空には とにかく飛行機が よく飛んでいる。朝への意味付けは わからなくていい。
空には とにかく飛行機が よく飛んでいる。

朝への意味付けは わからなくていい。

『緑のひとみ、黄色いかみ』顔は いつもシンプルだ。同じようで 同じじゃない。 句読点みたいな 感触もある。
『緑のひとみ、黄色いかみ』

顔は いつもシンプルだ。

同じようで 同じじゃない。

句読点みたいな 感触もある。

2018-10-20

『黄色の森徘徊』画面のしっかりさ とかは 目的地ではなく 鉛筆と水がひろげる 森の中。
『黄色の森徘徊』

画面のしっかりさ とかは 目的地ではなく 鉛筆と水がひろげる 森の中。

2018-10-19

染め紙に 落書き。絵描きの特権。
染め紙に 落書き。

絵描きの特権。

舟の構想。何が乗るのか、大きさか。
舟の構想。

何が乗るのか、大きさか。

2018-10-18

最近 夜にも 描く様になった。今日は みゃーこに アメジストを もらった。
最近 夜にも 描く様になった。

今日は みゃーこに アメジストを もらった。

夕日と猫魚。たそがれ刻は 腹もへる。
夕日と猫魚。

たそがれ刻は 腹もへる。

2018-10-17

意味がわからなくて 物語もなくて。置くことで 世界がつくれていく。

『かみがおいた世界』

意味がわからなくて 物語もなくて。

置くことで 世界がつくれていく。

塗装前。舟。白い卓上が 似合う白。
塗装前。

舟。

白い卓上が 似合う白。

『一人遊び』一色塗られた世界で ひとり。
『一人遊び』

一色塗られた世界で ひとり。

『大きいと 黄色い家には 入れない』入れないのだど いつも大きさは 測れるものではない。
『大きいと 黄色い家には 入れない』

入れないのだど いつも大きさは 測れるものではない。

2018-10-16

制作の日々が 続く。外は 美しい。
制作の日々が 続く。

外は 美しい。

Copyright © 2014 Tomoya Kato.