TOMOYA KATO

Diary

2022-04-28

搬出の時のルズムは なかなかバランスがとりもずらい。
柔らかい敷布団が身にしみる。
キラキラした日差しと 近所さんの気配へ構想曲。
今日はピアノがトンネルを抜けるらしい。
坂道を登るらしい。

2022-04-26

旅先で ぱぱぱの野菜が食べれるの 嬉しい。
食べるまでに たくさんの事を用意してもらったし 教えてもらえた。
搬出の朝。

2022-04-25

展覧会最終日。
夜は 霧につつまれた尾道。
霧は栄養なので ご褒美をいただいた感じです。
具象抽象。
ありがとう。

2022-04-23

撮影:寺岡 圭介

2022-04-22

アーティスト、ヒーラー、ヒッピー、になろうとして

 「その道」をなぞる。
そこにみえる 自身が何を選択しているのか わからないままの選択。

「何者か」になろうとする欲。気になる他人。

体験を繰り返しても、
どこか満たされない感触。
そこに潜む「不安」、「信じたいという欲」。
気付けばチャンス。

気付かなくても愛。

2022-04-20

紙片より 会場の写真が届く。
寺岡くんのご厚意により 切手アルバムを下さるという方が 
何人か現れてくれた。
ご厚意。
ゴコウイ。
うぃ。
このアルバムは もう一つの展示みたいな感触。
搬入をしたから 生まれもう一つの気配です。
撮影:寺岡 圭介

2022-04-19

宗教を信じている人は 信じている事に 近づいていくほど 
幸せなのか。
「信じる」ことは 希望がかなっていく事だけなのか。
それとは関係なく
小松菜べに。

2022-04-15

描いていくと いろんなところに繋がっていくけど、それは自分にとって けして
心地よい感触だけみたいなものでもない。
心地がよくない感触も選択している
自分がいるのだろう。
対話はあるけど 正解がない。
そこら辺の違和感が 
また研究材料になる
 様な意識。

2022-04-13

泳げ 鯛焼きくんを 昔よく 目にしていたけど、 
なんだか ラストは なかなか悲しかったような。
あまり 好きじゃなかったかもしれない。
何かしみついている?

2022-04-11

『花移動の儀』
花粉の季節なのか 頭がぼーっとしてますが、
鼻の中の花を スコップで移動させる事ができたらよいのにね。

【最終日の変更のお知らせです】
紙片さんにて 只今開催させて頂いている
個展『草卓』の最終日の変更のお知らせです。
僕の都合と紙片さんのご好意により、
展示期間を少し延長して頂く事となりました。
最終日4月19日(火)→24日(日)
に変更となります。
(*作品を購入して下さった方、少しお渡しが遅れます事をおゆるし下さい*)
よろしくお願い致します◎
花粉の季節なのか 頭がぼーっとしてますが、
鼻の中の花を スコップで移動させる事ができたらよいのにね。
(ご来場して下さった皆様、誠にありがとうございます◎)
*紙片さんは 木曜日は定休日となっております。
ーーーーーーーーーーーー
加藤 智哉 個展
『草卓』
(音)青木 隼人
[期間]3月19日(土)〜4月24日(日)
[時間]11時〜18時
[休]木
[会場]紙片(尾道)
ーーーーーーーーーーーーーー
▽◇△▽◇△▽◇△▽◇△▽◇△▽◇△▽◇△▽▽◇△▽◇△▽◇△▽◇

2022-04-10

夜の温室というより 温室の夜。

2022-04-09

心をひらくとか ひらいてないとか、
そんな事が中心になってる人は 役割やシステムが好きなんだろう。
ケチなことです。

2022-04-08

「草」や「卓」の「+」。
頭で理由をつくるより
描いてみる。。

2022-04-07

べにさんの展覧会に来られた 猫好きのお客様から頂いた 
猫饅頭。
食べる前に 落書き。
うりうり。

2022-04-06

個展『草卓』
搬入中 お皿にのせる作品を
色々試行錯誤してみたけど、
「蕪と兎」の絵が しっくりきた。
しっくりきたけど
さて何を食べればよいのだろうか。
やはり「みやち」の 天ぷら中華では なかろうか。
ラベンダーカウンターの魔力。
*紙片さんは 木曜日は定休日となっております。

2022-04-05

k.k.マックレーの謎。

2022-04-04

日が暮れた紙片の空気に 卓上と壁が 位置している感触。

撮影:寺岡 圭介

光があたっている部分のグラデーションと
陰になっている部分のグラデーション。
グラグラでしょん。
お花をいただきまして お花を描いきました。
デッサンからわかる事たくさん。
パターンもたくさん。
魅力もたくさん。
植物がキラキラみえれ季節。
生命力の勢い。

2022-04-03

『熊の毛と白い毛』
「自分には欲や我は無い」と言葉にする人が 
こちらが何も要求していないのに 癒したい欲に駆られて
色んなアドバイスをしてくる時がある。
「癒されたい人」が 癒されたという事を理由に 
「あの人は天使だ」と 人を崇めたりしている姿をみる。
癒しの目的化。
我の暴走。
自分にも 他人にも
その意識に気付いた時 
色んなチャンスがみえたりする。

Copyright © 2020 Tomoya Kato.