TOMOYA KATO

Diary

2019-03-08

今日は 晴れたけど 気温が 低い。
今日は 晴れたけど 気温が 低い。

2019-03-07

いただいた 蝋燭に 火をともす。火をみつめる時期。
いただいた 蝋燭に 火をともす。

火をみつめる時期。

ぬりかべ と 多分 おざわ けんじ。
ぬりかべ と 多分 おざわ けんじ。

2019-03-06

ジッとみられていた。
ジッとみられていた。

『黒豹と草』黒豹の撮影に 成功した 草が いたそうな。
『黒豹と草』

黒豹の撮影に 成功した 草が いたそうな。

kousagisha gallery では大畑 公成さんの 展覧会が 始まりましたよ◎キャンバスに描かれた絵が バンバン 飾らせていて スカッと 気持ち良い空気感。3月の光とのリンクが 気持ちよい。◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇大畑 公成 個展『OPEN THE WINDOW』[期間]3月6日(水)〜3月31日(日)[定休日]月曜 火曜[時間]12時〜19時[場所]kousagisha gallery (光兎舎)
kousagisha gallery では大畑 公成さんの 展覧会が 始まりましたよ◎

キャンバスに描かれた絵が バンバン 飾らせていて スカッと 気持ち良い空気感。

3月の光とのリンクが 気持ちよい。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

大畑 公成 個展

『OPEN THE WINDOW』

[期間]3月6日(水)〜3月31日(日)

[定休日]月曜 火曜

[時間]12時〜19時

[場所]kousagisha gallery (光兎舎)

2019-03-04

『奏者は 歩く木と 話している』眠りから覚めても モヤモヤする事は、何かに 集中する事で 身体の循環機能が働き、「今」の全体像が 感じ始めてくる。昨日という過去や 未来という 虚像に振り回されず「今に生きる」という事。「情」に流されては 他人の世界に干渉し、ワザと「不安」を 選んでは 依存を繰り返す。他人の庭を羨んで 自身の足元が 嫌いというエゴパターンを 他感する事。「集中」を通して、「リアリティー」を 感じる術は あちらこちらに 散らかってる。
『奏者は 歩く木と 話している』

眠りから覚めて モヤモヤする事は、何かに 集中する事で 身体の循環機能が働き、「今」の全体像が 感じ始めてくる。

昨日という過去や 未来という 虚像に振り回されず「今に生きる」という事。

「情」に流されては 他人の世界に干渉し、ワザと「不安」を 選んでは 依存を繰り返す。

他人の庭を羨んで 自身の足元が 嫌いというエゴパターンを 他感する事。

「集中」を通して、「リアリティー」を 感じる術は あちらこちらに 散らかってる。

油が 悪いと それは 困る。
油が 悪いと それは 困る。

抹茶のバタークッキー。
抹茶のバタークッキー。

2019-03-03

翻訳する立体

翻訳する立体

2019-03-02

気にもせず 固い絵具と薄い世界。
気にもせず 固い絵具と薄い世界。

2019-03-01

『2月の空間』終わりましたよ。お越し下さった皆々さま誠にありがとうございました◎展覧会は いつも 驚かさせる リズムと繋がる ツールです。
『2月の空間』終わりましたよ。

お越し下さった皆々さま誠にありがとうございました◎

展覧会は いつも 驚かさせる リズムと繋がる ツールです。

最近は 日記帳ので はみ出る意識や意味が ないのだ。
最近は 日記帳ので はみ出る意識や意味が ないのだ。

2019-02-28

菓子工房パルフィの事を 思ふ。
菓子工房パルフィの事を 思ふ。

2019-02-27

紙片 での 紙片に 絵を描いて 循環を。「気付かない人」に 引っ張られる朝。自身の物差しで 他者をはかり、価値観をつけ ストレスを 発散させている姿は 「他者の念」を流す 訓練になるし、自身の軸が 鍛わる。 この世に 無意味な行為は ない。
紙片 での 紙片に 絵を描いて 循環を。

「気付かない人」に 引っ張られる朝。

この世に 無意味な行為は ない。

2019-02-26

「わからない」という 事を 受け入れる 「集中」という 生み出す許しの能力。「こうである」という 答え世界の思考の快感や悲観のループ。
「わからない」という 事を 受け入れる 「集中」という 生み出す許しの能力。

「こうである」という 答え世界の思考の快感や悲観のループ。

12月に 展示してくださる 近藤 晃美さんから いただいた ロケットお菓子。
12月に 展示してくださる 近藤 晃美さんから いただいた ロケットお菓子。

2019-02-25

展示をしていく度に 変化する内側。出会った事。広がる 自身の表現。柵と対峙して 柵を 取っ払っていく作業。握りこぶし と 小さな炎みたいな 水の流れ。
展示をしていく度に 変化する内側。

出会った事。

広がる 自身の表現。

柵と対峙して 柵を 取っ払っていく作業。

握りこぶし と 小さな炎みたいな 水の流れ。

2019-02-24

きのこ。国立国際。木。「思考を1番 大切にして 絵をみても ハテナの扉との 対峙は 困難かもしれない。」
「きのこ。国立国際。北の木」

思考を1番 大切にして 絵をみても ハテナの扉との 対峙は 困難かもしれない。

 

2019-02-22

他人のエッセンスをもらって  快感を得て 消耗したら また快感を求めて 走り回る 消費的なループの中。消費と消化の違い。消化は 灰色を知っている。
他人のエッセンスをもらって 快感を得て 消耗したら また快感を求めて 走り回る 消費的なループの中。

消費と消化の違い。

消化は 灰色を知っている。

Copyright © 2020 Tomoya Kato.