TOMOYA KATO

Diary

2022-09-26

日記帳に虹がさす。
伊豆の国「記号へお山」
展覧会は最終日。
台風もきたし 地震もきたし、
良い天気だし 天地に幅があって 
今回の展示らしい期間だったかも。
搬出がんばらねば。

2022-09-24

『鳴門ピアノ渦図』
今回の展覧会、
「記号へお山」の搬入直前に描けた絵。
gallery noir / NOKTA の広い空間に 向けて
強い緊張感があったのを覚えている。
ここ数年の作品+新しい 今のビジョンはどんなモノか?
それが これだ!
としっかりしていたらスムーズなのだけど、
しっかりしたビジョンが 
あんまり面白くないとなってしまったりするわけです。
自分のビジョンよりも 絵からのビジョン。
新しく描きあげた絵は それだけで 空間にエッセンスになったりするし、
広い場所でやるからこそ ビジョンのエッセンスの幅は 
いつも以上に意識する。
そして いざ 
空間におさめた時は 
光の幅と絵の幅の繋がりから
配置場所が決まっていった気がする。
あっちの世界も大切だからこそ、こっちの世界も大切なんで。
展示も残りわずか。

2022-09-22

表現の陰陽を自分に向ければ
広がる感覚。
他者にむければ 
狭まる感覚。
広がりと狭まりが 
呼吸を生むのかな。

2022-09-21

『色彩家へのお鍵』
鍵を持つことと 鍵を開けること、
かけること。
寝転びながら 描けた絵。

2022-09-20

『意識の眼』

ギャラリーから 歩いていける 
お蕎麦屋さん 「橘」。
美味しかったし
お客も年齢層が安定していて
居心地がよかった。
行く途中に 「富士見橋」という 小さな橋があって 
天気が良ければ 
そこからも
富士山がみえるのではないか。
そういえば 昨日 
夢で 雪の積もった富士さんをみた。

2022-09-18

個展 「記号へお山」、、
展覧会は 26日(月)までとなっております。
大きな台風が気になりながらも ご興味ある方、
ご無理ない様、
お越し下されば幸いです◎
雨や曇り空の日に 展示をみるのは 
けっこう好きです。
窓から差し込む日の光と
調整したライトの光が
混ざり合い、
絵と展示空間と外世界の距離感が
ぼんやりと曖昧になっていく中で、
作品や空間の中に立つ感じ。
存在と存在。記号へ記号。
シンプルな座標図です。
ーーーーーーーーー
△▽ △▽ △▽ △▽ △▽ △▽ △▽
加藤 智哉 個展
『記号へお山』
[期間]9月10日(土)〜9月26日(月)
[時間]11時〜17時
[休]木曜日
[会場]gallery noir / NOKTA
(静岡県伊豆の国市 中750-11)

2022-09-17

他者とお話をした時、
その内容に その人のビジョンが 
入ってくる感触がある。
良くも、悪くも。
その感触は
食事と似ている感じがして
摂取した後に 体調や感情、思考に 
ある程度 影響がでる。
「表現」や「体調調整」を通して
他人のモノと自分のモノが 
ぐるぐると「環世界」に まわっていってる。

時々、若い感じの絵描きさんとかが
「ワタシは本当の絵描きになりたい」
という 言葉を目にする。
そして
「本当、本物」という言葉の裏に、
「誰かから 評価されたい、認めてほしい」
という 願望がみえる。
願望が暴走している会話は、
権力争いの末路がみえてしまう感じがして 
行き先が直ぐに二極化となり、
演出だけが 濃くみえる。

2022-09-16

会場となっている gallery noir / NOKTA。
ギャラリーと建築事務所が 合体している。
この広い空間、昔は作業場だったみたい。
午前中の天井から差し込む光が きれいね。

「伝わらないこと」も含めての
表現、感動、もろもろ。
その幅が ある種、
世界を繋いでいる。
「通じ合っている」
だけで 生まれていく
過剰暴走した感触もある。
敵意の向こう側の世界よ。
伊豆の国で 出会った虫たち。
なはは。

2022-09-15

『yellow horse』

2022-09-13

今日は 久しぶりにゆっくりできたので
だいぶ疲れがとれた。
とにかく
またパワーをためないと。

山のあそこに 
怪しい館。

2022-09-12

展示が始まり、
つくりあげた空間から
離れる。
久しぶりに 
ご飯をたくさん食べて 
お腹が苦しくなった。
この数日で 
胃腸も変化した。
疲労もでたのかも。
でも搬入は 
やはり大変だけど よいものだ。
色んな祝福を受けとる。

2022-09-10

展覧会の初日、無事終えれました。
暑い中、来て下さった皆様 
ありがとうございました◎
在廊は 緊張するから
 作業がやっぱり必要ね。

搬入が終わったことで 
集まった気持ちが 
どことなく分散していってる様。
今朝 
テレンティウスという方の言葉にとまる。
「私は人間である。およそ人間に関わることで 私に無縁なことは1つもない」
梨木 果歩さんの本に出てくる一文だ。
「記号へお山」
自分のとりまく感触なモノを 
記号と呼ぶ。
お山は 富士のお山。
またその周辺の山々。
「展覧会」に「人」を離して、まず向き合うビジョン。
まずは「お山へ」
離れることで 動けること。
集中すること。離れてみること。
過去と今、あの世にこの世。
みるみると渦となって
また新しい感触へ。

2022-09-09

始まります◎
gallery noir / NOKTA
個展 「記号へお山」
ここ数年と今が 渦を巻きながら
混ざり合った様な展示になったのではないでしょうか。
そして お山へ ツゥイ ツゥイと◎
(⭐︎会場は 天気によって 少し暑いかもですので 
暑さ対策をしてきた方が良いと思われます)
ご興味ある方は 是非お越し下さいませ◎
ーーーーーーーーー
△▽ △▽ △▽ △▽ △▽ △▽ △▽
加藤 智哉 個展
『記号へお山』
[期間]9月10日(土)〜9月26日(月)
[時間]11時〜17時
[休]木曜日
[会場]gallery noir / NOKTA
(静岡県伊豆の国市 中750-11)
新宿から三島までバスが出てるみたいです。

昨日の富山さんのティータイム。
渦のお菓子。
くるくるを感じると
なんでも 
渦にみえてくる。
今日は 値付けの日。
緊張感がブレたのか 
疲労感を感じる。
お蕎麦を食べよう。

2022-09-08

稲作に富士。
近くには 
ミニストップがある。

ライトで 乾かし中。
ギャラリーに持っていくのを 
どうするか。
今日は 涼しい。

Copyright © 2020 Tomoya Kato.